2019年5月27日月曜日

月刊Hanada 7月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院


第90回 「私と鍼灸 一二」


アメリカでの
積聚治療のセミナーの様子を
覗うことができます。


まあ、日本と変わらないですが。
実技供覧、精気の理論、体験
のループです。
(順番はその時々)

鍼灸治療は実践してなんぼの
世界ですから、
理論上はそうなるってだけでは
役に立ちません。

体験して
なるほどナルホド、の
実感がないと
説得力はないものねえ。

そんな訳で、積聚会では
セミナーの実技の割合は
結構充実しているのでした。




2019年4月26日金曜日

月刊Hanada 6月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院


第89回「私と鍼灸 その一一」


小林先生は、
長年鍼灸学校で教えていて
自分が伝えたいようには
伝わらないものだなぁ、
と感じていたようです。

教員として以外でも、
積聚会のセミナー、
他の学校での講義、
鍼灸学会での講演などなど
実にいろいろな立場の人を
対象にしてきたわけですが、

伝わらないのは、
話す側の責任である
と言っていたことがあります。
相手がどの地点に立って
話を聞いているかを
こちらが理解して
話すべきである、と
いつも心を砕いています。

アメリカでのセミナーの初回は
それはそれは大変だったことでしょう。


 

2019年3月25日月曜日

月刊Hanada 5月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院

第88回「私と鍼灸 その一〇」


当時の瀋陽、遼寧中医学院の
様子が書かれています。

研修の後の
「国内旅行」で行った
モンゴル、チベットの様子を
もっと知りたいところですが。

瀋陽も
モンゴル・チベット自治区も
今とは全然違う様相
だったことでしょう。

その後、アメリカで
セミナーを開くことに
なるわけですが、
そのご縁というか経緯も
良いめぐり合わせだなぁと
つくづく感じるお話です。

2019年2月25日月曜日

月刊Hanada 4月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院


第87回 「私と鍼灸 その九」


積聚会が遼寧中医学院と
親交が深いのは知っていましたが、
その最初のきっかけが語られました。

当時の日中友好病院と
遼寧中医学院の対称的な雰囲気が
1980年代の中国らしさを感じます。

遼寧中医学院から
技術交流の提案が届いたって?
視察の際、小林先生はどんな技で
むこうの人を虜にしたのでしょうね。



2019年1月26日土曜日

月刊Hanada 3月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院


第86回「私と鍼灸 その八」


鍼灸学校も
現在は学校も増え
雰囲気も随分変わりました。
若い人も多く、
開業を目的としていなかったり。

積聚治療は卒業後に
なんとか「治療が出来る」ようになるため、
に考えだされた治療でもあります。
どんな症状にも同じ手順で、
なおかつ簡便である、
というのは学生にとっても
大変ありがたかった。

同じ手順なだけに
それで差がでるというのも
なかなか過酷なんですがね。

2019年1月1日火曜日

謹賀新年

謹んで新春のお慶びを申しあげます。
輝かしい新年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申しあげます。

平成31年 元旦
太子堂鍼灸院 一同

2018年12月24日月曜日

月刊Hanada 2月号

100歳まで元気に

コバヤシ鍼灸院


第85回「私と鍼灸 その七」


「鍼灸」と聞くと
鍼を打ったり、灸をすえたりして                                        
体を治してくれる
という以上のことを
説明できる人はどれくらいいるのだろう?
(もちろん鍼灸師以外で)

中国では前漢(紀元前3世紀)頃から
行われていたようだし、
今に至るまで途切れることなく
継承されているということは、
それなりの理由があるはず。

西洋医学に追随する理論ではなく
全く違うアプローチとして
一つの治療体系であるということが
コバヤシ先生が
手段として選んだ理由でもあるわけですね。